子供虫歯予防のブリアンはデメリットもあり?正しく知って使おう

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

虫歯菌に強い力を発揮すると、とても話題になっている子供用歯磨き粉がブリアン歯磨き粉です。

 

 

いろんなメリットが目立つブリアンですが、果たしてデメリットは全くないのでしょうか。ここでは、子供虫歯予防のブリアン歯磨き粉のデメリットについて、徹底調査してみましょう。

 

 

ブリアンは毎日使う歯磨き粉としては高額なことが、デメリットだという意見は多いです。この価格設定は、ブリアンの虫歯除去成分BLIS M18が、航空機輸入でしか手に入らないためだといわれています。

 

 

BLIS M18は、熱に弱いという特徴もあり、冷凍保存でしか運搬できないのが理由のひとつです。できるだけ安くブリアンを購入するために、公式サイトの定期購入を利用している人も多いようです。

 

 

ブリアンは一箱60包入りなので、朝昼晩と使用すると20日分になります。朝晩2回の使用や、夜1回の使用にしたりして、出費を抑える工夫をしている人もいるようですよ。

 

 

またブリアンは普通の歯磨き粉のような、ペースト状のチューブタイプではありません。粉状で一回ずつの使い切りタイプですので、使用時は包みを開けて、小皿などに出して使う必要があります。

 

 

この使用方法が、慣れるまでは面倒で使いづらいという声も多いようです。一方で思っていたより使いやすかったという人も多く、人によって意見は分かれるようです。

 

 

ブリアンは歯が生え始めた乳幼児でも使用できるように、粉状タイプになっているので、小さい子供のお母さんからは評判がいいです。

 

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

歯磨きの後にうがいや口をすすがなくていいところも、いいという人もいれば、慣れないと気持ち悪いという人もいるようですね。

 

 

ブリアン歯磨き粉の虫歯予防効果は、BLIS M18を口の中に増やすことで効果が発揮されます。ですから正しく使わないと、せっかくの善玉菌を殺してしまい、効果を得られなくなってしまいます。

 

 

BLIS M18は殺菌剤に弱い菌ですので、殺菌剤の入っている歯磨き粉やマウスウォッシュと併用すると、死滅してしまうことがあります。

 

 

使用方法を正しく理解して使わないといけないところも、デメリットといえばデメリットでしょう。市販の歯磨き粉を使いたいときは、先に市販の歯磨き粉、後にブリアンの順番に使用すれば併用も可能です。

 

 

最初は、ブリアンは高いと思うようですが、歯医者の治療費や通院の手間を考えると妥当な値段だという人も少なくありません。BLIS M18の特徴を正しく知って上手に使えば、デメリットもメリットに変わるかもしれませんね。

 

→ブリアン歯磨き粉の公式サイトはこちらから

 

子供用歯磨き粉ブリアン

善玉菌で子供虫歯予防をするには?菌による虫歯対策

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

腸内細菌として知られるようになった善玉菌ですが、実は口内にも存在しています。善玉菌によって口内環境が良くなるという嬉しい効果があるんですよ。ここでは、菌による虫歯対策についてご紹介します。

 

 

人の体内には様々な細菌が存在していて、その量は約2キロにもなります。一般的に良い働きをする善玉菌と、悪さをする悪玉菌、日和見菌に分類され、これは人体常在菌と言われています。

 

 

三種類の菌がバランスよく存在すると、安定した環境を作り出すことができます。しかしそのバランスが崩れると悪玉菌が働きはじめ、口内の場合は虫歯や歯周病、口臭などの原因となってしまうでしょう。

 

 

今までは、悪玉菌優勢の状態で虫歯が出来てしまわないように、歯磨きやクリーニングで予防をする事しか出来ませんでした。しかしこれでは、悪玉菌だけではなく善玉菌までをも、殺菌してしまっていたのです。

 

 

そこで、悪玉菌を抑えて善玉菌優勢の口内環境を作り出し、虫歯予防を行おうと考えたのが、バクテリアセラピーと呼ばれる細菌による予防法です。体質改善をして病気を予防する、スウェーデン発祥の予防医学の考えです。

 

 

しっかり歯磨きをしているのにも関わらず、虫歯が出来てしまうといった悩みを持つ方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

 

バクテリアセラピーは、その人の口内環境を改善することで虫歯予防を期待できるので、どのような方にでも高い効果を期待できるのです。

 

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

細菌同士で細菌の異常繁殖を抑える意味の、プロバイオティクスというものがありますよね。口内善玉菌を増やして悪玉菌を抑えると、虫歯予防になるものです。

 

 

虫歯菌の原因はミュータンス菌と呼ばれる細菌です。この菌は小さい頃、何らかの原因によって唾液を通して口内に感染し、一度住み着くと一生除去できないと言われています。

 

 

口内の悪玉菌に分類されるミュータンス菌の働きを根本的に抑えるためには、善玉菌を増やして優性にする必要があります。

 

 

善玉菌には、口内環境を正常に保ち虫歯予防効果が期待できるL.ロイテリ菌や、乳酸菌の一種があり、これらは歯磨き粉やサプリメントなどで補うことが可能です。

 

 

元々人体で生成される物質なので、赤ちゃんやお子さんが摂取しても問題ありません。積極的に取り入れることで、口内を善玉菌優勢の状態にすることができますので、虫歯予防につながるでしょう。

 

 

冒頭でも紹介したブリアン歯磨き粉は、日本で初めて虫歯予防の為の乳酸菌配合!『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉です。

 

 

最大の特徴は、虫歯にならない子供達の研究から発見された乳酸菌『BLIS M18』。
この乳酸菌を用いて歯磨きすることで歯垢を取り除き虫歯菌を口中から除去していきます。

 

 

3歳までに虫歯菌がお口に入らなければ、虫歯にならないと言われていますが、
乳酸菌『BLIS M18』で歯を磨く事で、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも虫歯になりづらい口内環境へ導きます。

 

 

最先端医療である予防医学は、歯科医院でも注目されている虫歯予防法です。善玉菌によって口内環境を整えるオーラルケアを取り入れ、子供虫歯予防に役立てて下さい。

 

→乳酸菌『BLIS M18』で虫歯になりづらい口内環境へ

 

口内フローラ

赤ちゃんの虫歯はいつから伝染する?対策の始めどき

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

生え初めの可愛い赤ちゃんの歯を見ると、幸せな気分になりますよね。しかしこの頃から既に、赤ちゃんが虫歯になる可能性はあるのです。赤ちゃんの虫歯はいつから気をつけないといけないのか、くわしく調べてみましょう。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌はいません。ではなぜ赤ちゃんが虫歯になるのかというと、家族から伝染するのが原因だといわれています。

 

 

虫歯菌を持っているお父さんやお母さんの唾液が、赤ちゃんの口の中に入ることで、虫歯菌も一緒に入ってしまいます。噛んだものを口移しにしたり、自分が使ったスプーンやお箸で赤ちゃんに食べさせたりすることで、虫歯菌は伝染します。

 

 

同じコップで飲み物を飲むのも、伝染の原因になりますので、家族でも食器は別々のものを使うようにしましょう。もちろんキスでも伝染する場合がありますので、注意が必要です。

 

 

虫歯菌は歯に定着しますので、歯が生えていない間は虫歯になることはありません。しかし歯が生え始めると、虫歯菌は乳歯に棲み付き、永久歯よりも虫歯の進行が早いといわれています。

 

 

しかも3歳未満で虫歯になった子供は、永久歯も虫歯になりやすくなるため、赤ちゃんの虫歯対策は、歯が生え始めると同時に始めるのがベストです。逆に3歳未満に虫歯にならなかった子供は、永久歯も虫歯になりにくいようです。

 

ブリアン歯磨き粉のデメリットは?ブリアン歯磨き粉の正しい使い方

 

虫歯になっても、赤ちゃんは自分で気付くことができないため、ひどくなるまで放置してしますケースもあります。食器を共有しないなどの物理的な対策も必要ですが、一緒に暮らす家族が虫歯菌を減らすことも大切です。

 

 

歯が生え初めの赤ちゃんは、自分で歯磨きをすることができません。初めはお父さんやお母さんが、濡れたガーゼなどで歯をふいてあげてケアします。いきなり口の中に歯ブラシを入れると、嫌がって暴れる子供も多いようです。

 

 

少しずつ歯ブラシを握らせたりなめさせたりしながら、歯ブラシに慣れさせていくことが大切です。柔らかい歯ブラシで、笑顔で顔をのぞいて、話をしながら磨くのがポイントです。

 

 

磨き残しがないように手早く磨くのは、お母さんひとりでは大変だと思います。歯医者さんで、正しいブラッシングのコツを教えてもらうのもいいでしょう。

 

 

赤ちゃんの歯は、生え始めた頃からしっかりと虫歯予防することが大切です。虫歯菌は一度口の中に棲み付くと、完全に追い出すのは大変です。歯磨き習慣と生活習慣を中心に、虫歯菌の棲みにくい口内環境を作り、大切な歯を守りましょう。

 

子供用歯磨き粉ブリアン

トップへ戻る