人間の歯牙の外側の半透明のエナメル質の真下の場所から…。

ある研究によると、顎関節症という自覚症状が感じられなくても、全体の約35%の人が口を開けたり閉じたりする場合に、これと同じ不思議な音がすることを認識していたようです。

人間の歯牙の外側の半透明のエナメル質の真下の場所から、口腔内の酸性度が下がりPH(ペーハー)の数値が5.5〜5.7より低くなると、歯を形作るリンやカルシウムが溶け出します。

歯周病や虫歯などが痛み始めてからデンタルクリニックに出かける人が、大多数だと思いますが、予病気防のケアのために歯のクリニックに通院するのが実は理想の姿でしょう。

セラミック術といわれているものにも、バラエティに富んだ種類と材料などが用意されているので、歯医者としっかり相談し、自分に適した治療の仕方を吟味しましょう。

通常の唾の働きは、口のなかの洗浄と菌の増殖を妨げることです。更にそれだけではないということです。歯を再び石灰化するには唾液が絶対に欠かせないため、分泌量は肝要な項目です。


今時は歯周病になる原因を消し去ることや、大元となる菌に感染した所を清めることで、新たな組織の生まれ変わりが期待できる治療の技術が確立しました。

針の無いがついていない無針注射器のシリジェットと痛みの少ない様々なレーザー治療器を両方取り入れて治療する事で、口内炎も虫歯も、嫌な痛みを患者に感じさせずに施術をする事ができるといわれています。

インフォームド・コンセントの実施は、病気の状態を間違いなく認識し、それを緩和する治療行為に、ポジティブに努力するようにしましょうという理念にのっとっています。

審美歯科では、見た目の綺麗さのみならず、噛み合わせや歯並びの矯正を行い、その所産として歯牙が持つ本来の美しさをよみがえらせることを追求していく治療方法です。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については残念なことに後進国と呼ばれており、欧米人に比べても、日本人の歯の使用期間は短縮傾向にあります。初めから歯に限らず病気予防全般に対する危機感が違うのでしょう。


口中が乾燥するドライマウスは、ストレスが要因で発症してしまうという事も少なからずあるため、更に今からの世の中では、多忙な男性にも症状が出現する危険性はかなりあります。

歯の色味とは元々ピュアな白色であることはない事が多く、人によって多少差はありますが、ほとんどの人の歯のカラーは、イエロー系や茶色寄りに色が着いています。

甘い菓子をたくさん食べたり、毎日の歯のブラッシングをいい加減にすると、歯周病のきっかけとなる菌が増え、プラークが増殖してしまい、挙句の果てには歯肉炎を起こしてしまうと公表されています。

歯の矯正によって見た目に対する劣勢感から、頭を抱えている人も陽気さと自信をよみがえらせることが叶いますので、精神と肉体の両面で清々しさを獲得できます。

歯の表面を削って白く見せるために研磨剤が入っている歯みがき粉は、どちらかというとネガティブなイメージの働きといえますが、歯がもう一度石灰化するのを助けるという事には有益な力となります。

 

 

トップへ戻る